FC2ブログ
気ままに興味あることを綴るだけ

最近見たアニメ
Netflix最高!!

これまで体が疲弊してPCを立ち上げてDVDを読み込むだけでも一苦労でしたが、スマホのアプリならば起動して数秒で即映像が流れるのでこれまでみたいにイライラしながら待つこともなく、快適に映像作品の視聴ができるようになりました。
おそらくAmazonプライムやkindleを導入しても同様な画期的な革命が起きるのだと思いますが、とりあえずはNetflixにある作品群を順々に見たいところです。

これまでに見た作品。
新海誠作品「言の葉の庭」「彼女と彼女の猫」「星を追う子供」「ほしのこえ」
ハイスコアガール
魔法少女まどか☆マギカ
少女革命ウテナ
コードギアス
輪るピングドラム
ぼくらの
とある魔術の禁書目録
ソードアートオンライン

と、特に意味もなく過去の名作アニメを追いかけている。
総じて言えるのはWikipediaやまとめサイトで感想やあらすじを見るより実際に視聴するのとでは天と地ほども情報が違う。
百聞は一見に如かずだ。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム00 1~6話
ガンダムシリーズといえば日本を代表するアニメの一つです。
お台場には巨大なガンダム像が建設され、ゴールデンタイムのアニメランキングでは高確率でシャアとアムロの名シーン・名台詞が放映されています。

けれども自分は今まで一切ガンダムと関わる事なく育った事もあり、知人に勧められるがままにガンダムファンクラブに加入(月額600円)したので、とりあえず可能な限り制覇したいと思い順番に見る事にしました。

前提として、ガンダムに関する知識はほぼゼロ。
登場人物は幾人かは聞いた事があっても機体については一切不明。

そんな所からスタートして、まずは知人に勧められた鉄血のオルフェンズを途中まで視聴し、ガンダム00も見ています。
初心者におすすめのシリーズ視聴順まとめも見掛けますが、本編シリーズから視聴すると途中で抜け出せなくなりそうな予感がするため、番外編のような作品から見る事にしました。

さて、最初に00を見た印象は、主人公勢の髪の色が非常にカラフル。
鉄血→00と入ったので、特に男性陣のイケメン率と小洒落たデザインが印象的です。
人間関係も1話の時点では誰と誰が接点あるのか把握できないほど、ドライな雰囲気が漂っています。ビームライフルも異様なほどにスパスパ切れる。
冒頭で主人公がまた戦争孤児であり、天使をモチーフとしたガンダムが状況を変えたようですが、主人公が幼少に武器を持ち戦争に参加するというのはガンダム世界のスタンダードなのでしょうか。
背中から光を放出するのかまたオシャレだという印象ですね。

正直1話の時点では何が何だか理解が出来ませんでしたが、2話の冒頭で世界観の説明が入るので何とか把握できました。
石油や石炭を含めた天然資源によるエネルギーが枯渇した未来。
人類は宇宙圏まで到達する宇宙エレベーターを建造し、太陽光発電により文明の維持に努めていた。
しかし地球の経済圏はアメリカを中心としたユニオン、ヨーロッパ圏が連合を組んだAEU、中国を中心とした人類革新連盟の3勢力に分かれ、それぞれが威信を掛けて延々と小競り合いを繰り返していた――というのが前提です。
鉄血では5つの経済圏に分かれていた気がしますし、ガンダム世界において世界が幾つかに分かれているのも共通展開なのでしょうか。

今回の舞台は地球。
セイロン島やアフリカや北アイルランド等、実際に民族対立が存在するが登場する辺りは親しみやすいと言えますが、未来の東京は完全に巨大ビル群の建ち並ぶごちゃごちゃとした風景。他の各国も同様の風景で国による差はほとんど見られませんね。
この辺りの設定は兄弟の契りや葬儀など日本の文化を上手い事取り入れた鉄血の方が好みです。

2話の時点では、武力介入により紛争を止めるという矛盾した行為に疑問しか生じませんでした。
作中キャラも述べるように戦争に対して武力で介入するのは新たな火種を生み出すだけですが――3話4話と話が進むにつれて、武力介入による強引な終結にも希望の光が見えてきます。おそらく誰もが信じられない決着だと思いますが、ここに来て主人公側の語る正義もありなのかもしれないと、見方が変わるのは間違いありません。

考えてみれば、鉄血の場合は主人公は仲間や「家族」を守るためにガンダムを駆使する非常に納得が行く設定でしたが、今回の刹那達は秘密裏に集まった組織で活動をするという、言ってみれば社会の裏側の存在なので、その辺りにも奇妙な感じがありました。今までガンダムを操縦するパイロットは社会の表側で生きる人間なのではないかと認識していたので、あまり好意的な目で主人公達を見ていられませんでした。

淡々と視聴して、面白いなと感じたのは3話で刹那がリア充カップルの隣の家に引っ越してくる場面です。
それまで簡素で互いに接点がない人間関係がようやくここに来て動き出した感があります。その直後の武力加入成功場面もなかなか印象深い物があります。
それと5話。
宇宙観光を楽しむリア充カップル(サジとルイス)が乗った宇宙ステーションが人革連の少尉の攻撃で宇宙空間に放り出されてしまい、そのままでは地球重力圏に捉えられて200人が死亡する緊急事態をソレスタルビーイング が救う場面です。長距離からの射撃や雲を切り裂くビームサーベルなど分かりやすく格好良いシーンが満載です。
残り時間僅かな中で圧倒的速度と威力のガンダムによる救助劇、そして人革連の指揮官との協力展開。
この指揮官は少尉の身を気遣ったり、作戦に関して疑問を抱いたりと中々の好キャラ。
少尉もナノマシンにより強化された人間とのことで今後の活躍が気になるキャラです。

そして4話に登場した大人しそうな黒髪ヒロインも気になるキャラです。
後にアザディスタン王国の第一王女と正体が発覚しますが、最初は王と同じ中華系キャラで姉妹かと思っていました。

6話は更なる急展開。
ソレスタルビーイング の指揮官であるスメラギとポニーテール男が同大学院での知り合いとの過去が発覚します。会話の最中で「あの事件」と何度も繰り返されている点から何処かでスメラギがガンダムマイスター達を率いている理由などが明かされそうです。更にモラリア共和国にて刹那と過去の師匠か、因縁のある人物が登場して段々と人間関係が密になっていきます。

ここまで視聴した時点で感想を述べるなら、ガンダムはシリーズではありながら作品により大幅に雰囲気が変わる事がよく分かりました。武力介入による平和が何処まで続くのかも気になりますが、主要キャラの過去にどんな事があったのか早く全容が知りたい所です。
Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.