気ままに興味あることを綴るだけ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学フリマ
昨日は久し振りに文学フリマに参加してきました。
場所は浜松町からモノレールで乗り換えた先にある流通センターで、道中のモノレールから見える川や自然公園の風景が非常に美しくて穏やかな気持ちになりました。

文学フリマに参加したのは第2回か第3回か、比較的初期の頃でした。
その時は青山にあるブックセンターで開催されて、今では懐かしきファウスト編集長の太田克志さんや東浩紀さんが参加されていたのは記憶の片隅に覚えています。

当時は一般参加者の立場で参加しましたが、今回は一般参加者兼お手伝いの形で参入。
文芸フリマ以外の小規模なマーケットでは売る側の立場で参加したこともあるのですが、そもそも文学フリマ自体が10数年ぶり?なので、今回はもう完全に物見遊山でした。
(それにしても佐藤友哉やファウスト・メフィスト賞の盛り上がりからもうそんなに時間が経つんですね……。西尾維新の十二大戦もここで感想を述べてから今ではアニメ化ですし、時の流れは速いですね)
(西尾維新といえば銀座で西尾維新展も開催されましたね。戯言シリーズ時代のファンからすると若干今更かい!と思う所もありますが、映像展示にアニメ映像などを見ると、当時と比べて格段にメディアミックスへの敷居が低下した&技術発展により展示が行いやすくなったのだなあと感じました)

そんな訳で文学フリマは完全に当時の大人しいイメージしかなかったのですが、創作文芸に、シン・ゴジラ評論に短歌に俳句に写真集にドストエフスキーのアンソロジーと想定していたよりもジャンルが幅広く、参戦している方々も若い方から年配までと幅広いのが驚きでした。
そしてコミケとは異なり、イラストや漫画ではなく文章中心というのも落ち着いた雰囲気で気楽な感じでした。

今回は軽い偵察のみだけだったので、次回はもう少し会場内をじっくり回りたいですね。
スポンサーサイト
Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。