FC2ブログ
気ままに興味あることを綴るだけ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれたばかりの世界を掴み  1
まるで認知療法みたいだ、そう僕は思った。アルファシンノコイドと名付けられた軍事用の薬物の効用が身体からすっかり抜け落ちるまで、担当するドクターより携帯用のデバイスを片手に毎日の記録を付けるようにと命じられた。
荒野に降り立つのが今までの任務なら、真白で漠々とした画面を制圧するのが新たな任務らしい。
そうは言っても、訓練者や銃火器の取り扱いマニュアルを読むのが精々という人間が文章を書けと言われて初っ端からまともな物が書けるはずがない。小等部の学生が記述するような単純な短文の羅列がいいところだ。
肩を竦めて、皮肉交じりにドクターにそう返せば、僕と同じように戦闘ばかりで頭が空っぽな兵士の扱いに長けた産業医は慣れた様子で淡々と、
「なんでもいいんですよ。日常で見付けた色彩。ちょっとした風景。腹が立ったこと、涙を零したくなった事件、身をよじるほど愉快な出来事……重要なのはあなたが何を見て何処に行って何を感じたかを自分自身で把握することです」
とカルテに記載しながら言葉を吐いた。
その行為の奥には、下級兵士には理解の及ばない意図が間違いなく隠されているのだろうが、遠目で見ればそれはたかだか日記だ。変に反抗的な態度を示して評価Cマイナスを食らった日には、再び戦場に立つことは到底難しくなる。
僕は仕方なく、左手に頑丈に取り付けられた携帯端末を眺めながら、出来の悪い生徒が教師に見せるように「イエス」と頭を下げて頷いた。
ところで僕の左腕に取り付けられた携帯端末。正式名称は意思行動傾向把握認知装置で少々長ったらしい。
巷ではそれを揶揄して携帯型監視監獄装置だの歩く道徳的強要コレクションだのと呼んでいるがーー世間で認識されている程度には一般的に普及されているデジタル機器だ。
元々は刑務所から出所したばかりの犯罪者に取り付けられていたそうだが、それが一部の若者には反体制的なファッションとして受け入れられ、今では大多数の人間が娯楽用に取り入れている。
どんな機器も大抵の場合は軍事や医療産業用に生み出され、より高品質に小型化されて大衆受けする道具に変貌させられるというが、アダルト目的でなく普及するのは珍しい。そういった原則によりこの機器もまた地下組織において高額な売買が行われているそうだ。
だがそれは久しぶりに泥濘でない、完璧に舗装された道路を新品のスニーカーで歩む僕にとっては無関係な話だ。
今はまだ、凡庸でありながら新鮮なこの世界をどうやって僕自身の言葉で翻訳していくか、それを考えて青空に顔を向けるだけだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。