気ままに興味あることを綴るだけ

少しだけ足を止めて考える
ここ最近は自分の内面の変化を確かめるためだけに、無作為に文章を打ってきたのだが、やはりそれだけでは何かが足りないのではないかと思っていた。目の前のことに対処して、そこで起きた変化を元に次に進んでいくというのも確かに正しい方法かもしれない。
ただしそれでは無差別に無秩序に道が広がりすぎてしまう。
人生を終わりのない暇つぶしだと考えればそれでも悪くはないと思うが、(実際人生なんてほとんどが偶然の出会いで成り立っていることを考えれば、犬も当たれば方式で進むのも悪くはないはずだ) ただし、自分が何者かになりたくて足掻いているような状況では、そればかり行っていても手が付けられなくなってしまうのではないだろうか。
様々な方向にアタックし続けてその中から良いと思った物を拾い上げる、それか様々なものに挑戦してその中からパターンとなるような物事を分析する、そういった方法なら悪くはないと思うが……。
そろそろ一度何処かでこれまでに起きたこと、行ったことを振り返ることが重要かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.