FC2ブログ
気ままに興味あることを綴るだけ

年末年始に読んだ本
年末年始に読んだ本まとめ。

麻耶雄嵩「化石少女」
麻耶雄嵩「隻眼の少女」
早見和真「イノセント・デイズ」

ミステリにも王道と邪道があり、王道と呼ばれるミステリは犯人・動機・トリックが一丸となって読者が納得出来る形で説明されているのではないかと思う。
つまり「犯人はこの学校の生徒のうちで、あの時間にあの場にいた人間だ」と一人に絞りきらずノイズを多数加えたままで推理を終える小説は、どうしても爽快感が得られずに中途半端な印象となって終わる。
動機の場合でも「ただ誰でもいいから殺したかった」と抽象的な答えが(例えそれが真実だとしても)投げられると、我々はそこに生まれや生育環境、遺伝や心理学の名を借りて何かしらの答えを見出したくなるのではないだろうか。

麻耶雄嵩や西尾維新のミステリにはそれらの王道を守らず、曖昧に終えることでモヤモヤとした読了感や邪道ミステリという名が生じるのだ。
そして今回もまた邪道中の邪道なミステリである。

「神様ゲーム」は最初に犯人の名が提示されて、それを絶対としてトリックの穴を詰めていく奇策ミステリだが、「化石少女」もまた近しい物がある。
高校の古生物部に所属する主人公とヒロインが、校内で発生した殺人事件を次々に解決する……という学園ミステリらしい設定になっているが、ヒロインの出した解答は、はいはい全てが外れ。探偵ごっこするならテストの赤点を減らす努力をして下さいよ、という軽くあしらわれる扱い。
勿論、麻耶ファンならば作中で軽視されている解答が真実であることは見抜いているはずだ。
サラサラと読めるこの小説が本物の悪意を発揮するのはエピローグ。
ぬるま湯に溶かした一滴の毒が読了感に嫌なモヤモヤを加えるのは間違いないだろう。

「隻眼の少女」は三津田信三のような民俗学ミステリーを期待すると肩透かしを食らう。
「木製の王子」の登場人物の全てが狂気に囚われた動機が理由かと思いきや、一つの静かに狂った私怨による犯罪。最近は一般層向けに和らいだ作りをしているのか、もう少し毒と狂気が混じり合う話が見たいと感じる。

「イノセント・デイズ」は非の打ち所がない作品だった。
一言で纏めるにはどの登場人物のエピソードも、作品全体のテーマも重たく濃いために、また別の機会で纏めたいと思う。


追記だが、犯人や動機を明らかにしない、又は重要な物として扱わずに大ヒットした作品が「ダンガンロンパ 1&2」だ。
誰でもいいから殺すこと、または犯人にランダム性を加えることで成立したトリックは目を見張る物がある。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.