気ままに興味あることを綴るだけ

「Lifeline2」をクリアしました
世界的に話題のアプリゲーム「Lifeline」シリーズ。
前回クリアした「Flatline」に引き続いて、今回は「Lifeline2」をクリアしました。

自分はあまりリリース順や作品時系列等々は気にせずにプレイしましたが、
Flatlineに比べると今回の難易度はやや低く、途中で主人公が死亡する展開には一度も陥りませんでした。
(ただ2周目の意外な場面でBAD ENDに遭遇したので、決して死亡展開が用意されてない事はない模様)

「Lifeline2」の主人公はアメリカの小さな都市で育ったアリカ・ランフィア。
彼女は過去に家族を惨殺され、その復讐に闘志を燃やすティーンエイジの少女。
得意分野はナイフで自らの体にルーンを刻んで行う血の魔法。
先祖代々家系に伝わるその魔法は更なる強大な力を駆使するべく黒魔術の力を帯びる。

今作はアリカの使う血の魔法により偶然繋がるという設定です。
彼女の復讐劇に加担するためにアドバイスを送る……と書くと何やら物騒ですが、
序盤の展開は確かに癖がある。

目的地への移動手段でも積極的に血の魔法を使うか、路上に駐車してある車を盗んで運転すべきだと提案するし、プレイヤーが良識的かつ慎重な案を上げても一言二言の軽い否定でわがままを通されます。
しかしそんな調子なので、投げやりな選択を選んでも好き勝手に解釈をしてへこたれないのが、アリカの長所。
物語の道中ではあからさまにに不穏な空気が漂う場所も登場するのですが、そんな場所でも行け行け突き進めと背中を突き飛ばしても安心感がある性格であると言えます。
(序盤で丁寧な扱いをしていても話を進めるに従い、雑な扱いに慣れるのは否めないと思いますが)

そんな彼女が復讐のため求めるアイテムは3つ。
ネタバレとなるので詳細は省きますが、最初のアイテムまではほぼルートが固定。
選択により入手可能か否かが分岐しますが、1週目では見事に入手に失敗しました。
後の展開で再度挑戦が可能かと思いきや、他二つを入手した直後に最終決戦の場に向かうので回収はなし。
アイテム無しでも戦えるかと思いきや徐々に展開は劣勢に……ただし、とある選択肢が功を制したのか、素晴らしく嬉しい形で勝機を掴みます。
また、自分は1週目では入手に失敗をしましたが、2週目で別の選択肢を選んだら呆気ないほど簡単に手に入りましたので、プレイ展開によっては話の流れにやや分岐がありそうです。

2つ目は、1週目では修道院に向かいました。
設定では非常に不気味な場所ですが、道中のトラップに何度も引っ掛かる以外は難なく攻略。
アリカの指摘する方法も理解できてはいるのですが、何故だか数度の失敗を繰り返すことに。

3つ目はかつてアリカが暮らしていたという孤児院。
ここや最終決戦の前に改めて過去の悲惨な生活の様子が伝えられるので、反発的な態度を繰り返していたアリカに対して優しさが芽生えます。後ろ向きに悩みを繰り返す態度にも背中を押してあげる言葉を掛けたくなりますし、最初は生意気ばかりで鬱陶しかった彼女に愛着が芽生えます。

そして最後の敵はこれまでのシリーズをどれかプレイしていれば分かる「あいつら」
シリーズを重ねれば重ねるほどに彼らの実態について理解度がより深まるのでしょうが、今作では街一つを滅ぼす規模の活動実態に憎悪と嫌悪が募ります。

そして最後が前述した「優しさ」に応援されての HAPPY ENDでした。
もしかしたら選択によればさらに最善のエンディングもあるのかもしれませんが、アリカの復讐劇は成功し、もう一つの目的も無事に達成しました。ただしアリカとの別れは非常に急なので、ストーリーが終わった後は微かに虚脱感がありました。

今作は魔法によりテキストが綴られるので、文字の現れ方もアナログともデジタルとも一味違う演出が魅力的でした。
最初に5作品同時に購入したので、次は「HELP TEXT」をプレイする予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.