FC2ブログ
気ままに興味あることを綴るだけ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライシス・ライン
今回もLifelineシリーズに関する雑記です。
タイトルは「クライシス・ライン」
第五弾にリリースされた作品ということもあり、これまでよりエピソードは長く、選択による分岐もバッドエンドに辿り着く可能性が非常に高いです。実際は他ゲームをより早く開始していたのですが、難易度や展開の難しさに圧倒されて途中で後回しとなっておりました。ちなみにエンディングの不明瞭さも一際なので、これから始める方は心して挑んでいただきたい物です。

さて、今回の主人公はアレックス。
不安定な家族環境により人を頼ることなく育ち、心の片隅で他人に不信を抱いている、そんな刑事が主人公です。
そして今回の「繋がり」のきっかけは「HELP TEXT」と名付けられたSNSです。
「困難が生じている人をあなたの助言で導いて下さい」と指示されるがままに繋がると、やはり今回も緊急事態からのスタートです。
話の序盤で状況が読めないのはいつもの事ながら、今回は選択を間違えると比較的早い段階で失敗します。まるで死亡することにより状況の危機感を説明しているかのレベルで唐突に話は終わります。
しかもシリーズを何作かプレイしている人間には慣れた存在となっている「あいつら」が早々と登場してこれまで以上の超常現象を引き起こすので、初見の人には何が何だか……状態な事でしょう。

また今回は、自宅のプールで死亡した弁護士を殺した犯人を探す展開で、主人公と共に現場で証拠を探したり聞き込み捜査を行うので推理モノ好きなら楽しめるであろう内容です。
しかし時々に挟まる緑の目の女との対決ばかりは超次元なのでなかなか戸惑いそうです。

感想として。
犯人捜しは比較的簡単、というか明らかに動機がありそうな人物が犯人なので、順当な話なのかなという印象。
これだけだと地味なゲームですが、やはり何といっても緑の目の女やらクリスタルの存在が破格違い。
中盤に現れる意味深な鳥も、折角手にしたアイテムも活用されずにエンドを迎えたので、おそらくそれは次回作に期待するべきところなのでしょうね。
それにしても緑のモノに操られた人間が次々姿を消す場面など、合理的な説明が欲しいと思いますが、シリーズが続けば奴らの手の内が徐々に解明されるのでしょうか。手を変え品を変えの対決もいいですが、いつか全面的な対決ゲームが欲しいところです。
やはり中途半端に展開が終わるとモヤモヤするので、Lifeline2のように人間側が勝利を収める話が個人的には好きですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 硝子の青空. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。